人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スタッフAさんの卒業で思ったこと

うちの店で(小笠原種苗店の歴史も含めて)初めての学生さんのアルバイトさんとして
週末、祝日要員として働いてくれたAさんが、卒業と就職のため、
とうとう20日(土)で最後となりました。

2年前、母の病状も悪くなってきて、月に2回も入退院する中、
頼りのアルバイトのSさんも、お家の事情で来られなくなり、
これはもう無理だなと思っておりました。

もし、スタッフ募集をかけても誰も来てくれなかったら、
とにかく4月5月だけ何とか乗り切ったら、店を閉めよう。と覚悟をしていました。

そんな状況の中、Aさんが来てくれました。
接客から、品出しから、お掃除から、土でも、苗でも何でも運んでくれて、
何でもよく気が付いて、こちらのやって欲しいことはもちろんですが、
こちらが気が付かないことまで気が付いてくれる、とても頼りになるスタッフでした。
彼女がいなかったら、繁忙期の週末はのり切れなかったのではないか?と思います。

ブログをものすごく古くから読んでくれていたので、お店の事も知り尽くしていて、
もう最初から、ずーっと何年も前から働いているスタッフのような貫禄でした(笑)
きっとお客様方も、彼女の落ち着き感から、学生さんだとは
思われていなかったのではないでしょうか?
しばらくはAさんロスです(涙)


それまで、アルバイトさんは自給や、時間などの条件で来るものだと思っていましたので、
うちみたいな、こんな条件でも、来てくれる人がいるかしら?と思っていました。

ところが、彼女は お店やブログの中から感じられる植物に対しての私の姿勢に対して
肯定してくれたうえで、お力になれたら。と言ってくれました。

まさか、私の力になれたら。なんて思ってくれる人が来てくれるなんて(涙)

植物の事を優先するようなやり方で、お客様に対して、あれこれ細かいことまで言って、
これが、お客様と植物に対しての誠実な対応だ。きっとお客様は喜んでくれる。
と思って店をやってきましたが、そんなこと誰も望んでいないのかも?と
迷う部分もありました。

もっと、ドライにハイハイ言って、売れるものだけ黙って売る方が喜ばれるのでは?
でも、そんなやり方だったら私には出来ない。だったら、私がやる必要ないのでは?

もし、誰の役にも立たないのなら、いっそ、店を閉めてもいいのでは?と考えていました。
今だから言えることですが(笑)
(きっと、母の事などで、かなり追い込まれていたのだと思いますが(汗))


そういう究極な時に「働きたいです!」と、やってきてくれたAさんに、
私はものすごく救われました。

実はこの年は奇跡のような年で(笑)
Aさんと一緒に今残ってくれた3人ともが面接で、
この店のやり方や、植物に対する考え方が良いと思って、
だから、ここで働きたい。手伝いたい。お役に立てることがあったら。
と言ってくれた3人でした。

彼女たちがこの店の事や、私の考え方を肯定してくれた事は
私にとって物凄い勇気になりました。

100人来られて、もしかしたら99人は私の思いなんてどうでもいいことかもしれないけれど、
誰かにはちゃんと伝わっていた。誰かの役には立っているのかも?
だったら、もう少しお店を続けさせてもらってもいいのかな?と思いました。

このことはスタッフたちには言ったことはありませんでしたが、
同じ気持ちを共有して、一緒に働いてくれる仲間が出来て、とっても救われました。
今は、アルバイトのSさんも復帰してくれましたし、

彼女たちが色々と私が働きやすいように整えてくれるお陰で、
お花のお手入れや水やりに集中でき、可愛いお花をいっぱい販売出来て、本当に幸せです。

Aさん、お疲れ様です。心からのありがとうを。新しい場所でのご活躍を心から祈っております。

スタッフAさんの卒業で思ったこと_f0400078_18570769.jpg

これは2019年の写真。
ツルバラのポンポネッラを手に。







by solaogplanta20 | 2021-03-23 00:20 | 日々の事 | Comments(0)

ハーブのお仕事と日常の事などを書いています


by Solaogplanta2020
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31