人気ブログランキング | 話題のタグを見る

球根の植え方様々

チューリップやクロッカスなどの球根の植え方のお尋ねが
結構多いので書いてみます。

1つの穴に1球づつより、1つの穴に数球かためて植えたほうが
見た目も可愛いですし、花付きや成長も良いと思います。



コチラは私が昨年秋に植えたチューリップ。
一列に植えたら可愛いかと思って球根を2~3球ずつ互い違いに植えました。
全体的に50球近く植えています。

球根の植え方様々_f0400078_15025341.jpg
球根の植え方様々_f0400078_15011490.jpg
結構密に植えましたが。

球根の植え方様々_f0400078_15022500.jpg
球根の植え方様々_f0400078_15020263.jpg


こちらは父が植えたチューリップ。
5~6球ずつかためて、数か所に植えました。

球根の植え方様々_f0400078_15063181.jpg
球根の植え方様々_f0400078_15072251.jpg
球根の植え方様々_f0400078_15080143.jpg
球根の植え方様々_f0400078_15084903.jpg
球根の植え方様々_f0400078_15104623.jpg

1か所にかためて植えると、咲いた時も結構ボリュームがあります。


50球くらい植えた私ですが、かためて植えた父の方が見た感じはボリュームがありました。
1列にするのでも、もう少し5,6球ずつかためて1列にした方がよかったかな?と
思っています。

苗を植える場合は大きくなるスペースを取りながら、間隔をあけて植えるのですが
球根は固めて植えたほうが上手に出来ると思います。


クロッカスや、スノードロップ、チオノドグサなども同じ感覚です。
1球ずつバラまきするよりも、球根はかためてがポイントです。


球根の選び方としましては大きい方が良い花が咲きやすいです。
球根の栄養でお花が咲きますので、より大きめのものを選んでみて下さい。

うちでは元々、クロッカスも様々な等級の中から水栽培にも出来る
ジャンボ球という大きさのもの、
ヒヤシンスも水栽培できる一番大きな球根を販売しています。
少しお値段がはるかもしれませんが、その方が大きなお花が咲きますので
球根は大きなサイズの物を仕入れるようにしています。


クロッカスもネオコールという水耕栽培用の資材を使って
水栽培が出来ます。

球根の植え方様々_f0400078_15590582.jpg
球根の植え方様々_f0400078_15585710.jpg
球根の植え方様々_f0400078_16000255.jpg
ムスカリやミニ水仙なんかも。
球根の植え方様々_f0400078_16051100.jpg
ネオコールを活用すると、お家にある食器などでも簡単に水栽培に挑戦できます。
上記は100円ショップで買った器です。

コップや花瓶を活用されてもいいかもしれません。

球根の植え方様々_f0400078_15594880.jpg
球根の植え方様々_f0400078_16044903.jpg
ネオコールで水栽培に挑戦されたい方は
お店でまたお尋ねください。






by solaogplanta20 | 2021-09-16 00:30 | 栽培 | Comments(0)

ハーブのお仕事と日常の事などを書いています


by Solaogplanta2020
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31