人気ブログランキング | 話題のタグを見る

5月のガーデン

気温が安定してきましたね。今年はいつまでも朝晩が冷え込むため、
毎日お客様に「もう植えても大丈夫ですか?」と聞かれておりました。
5月中からは最低気温が4℃でも、苗を室内に入れることはしませんでした。
1か月以上、外に出してきた苗たちはそのくらいでは傷んだりしません。

気温が安定してきたせいか、宿根草を買いに来られる方々が増えてきました。
植え込みにも丁度良い季節かなと思います。

宿根草の苗たちも、待ちきれずにお花が咲いてきました。イメージを確認するためには良いのですが、
植える時には このお花を切って植えて下さい。
5月のガーデン_f0400078_11134391.jpg

私も少しずつお庭の植え込みを始めました。
とはいえ、何でもまずは石を取る作業から始まりますので、やっかいです。
先日は真っ暗な中、地面を掘って、一生懸命石を取っている夢を見たほどです。
「わー、びっくり!すごい大きな石がいっぱい埋まってる!」と思いながら目が冷めました。

我が家はエリアごとお庭を分けています。

宿根草ガーデン、ハーブガーデン、クリスマスローズと球根のお庭、
家庭菜園、ブルーベリーガーデン、白とブルーの静かなガーデン

スミマセン。どれも小さいスペースなのですが、何となく自分なりに分けてました。
今のところは目標で、そのエリアに昔からの草花や花木がまだいっぱい植えてあるのですが、
それを移動したり、整理したりしながら作っています。

ハーブはハーブガーデンに、宿根草は宿根草ガーデンに、
毎年、少しづつ新しい株を植えこんで増やしています。

大体、毎年何かが消えて、何かが増えていますし、何かが調子悪くて、
何かがものすごくよくなっています。
ハーブは毎年あちこち動き回っていますし、枠からはみ出ていますので、
一度も同じ景色を見たことはありません。

何かが調子悪かったり、虫だらけだったり、病気になっていたりしても、
あまり気にしませんので、薬をかけたりもしませんが、
数年すると、弱弱しくて病気や虫だらけだった株も、元気に力を付けて
大きくなって、もう病気も虫も付かなくなります。

もちろん、そうなれなくて消えてしまうものもいっぱいありますけれど、
そこは仕方がないと思っています。

存在感を表すのは大体植えてから3年くらいたったころなので、
1,2年はあれこれ心配したり詮索しないで、植物たちに任せています。
まあ、まわりの雑草を取ったり、時々チラッと見て、生存を確認したりはしますけれど。

クリスマスローズと球根のお庭は今スパニッシュブルーベル(シラー)でいっぱいです。
5月のガーデン_f0400078_16255162.jpg
ライラックの木の根元では毎年ニオイアヤメが咲きます
何年たっても特に株が大きくなることもなく、ひっそりと、でも必ず咲いてくれます
5月のガーデン_f0400078_16280170.jpg
宿根草ガーデンのここ、セント―レアは全然大きくならない。
5月のガーデン_f0400078_16302903.jpg
石だらけで、土も硬い。
なぜここを宿根草ガーデンにしたのか意味が分からない。
お花の事が全く分からなかった当時は店から一番近いこの場所に宿根草を1株ずつ植えて、
どんなお花か、どんな風に大きくなるのか確かめるための庭でした。

セント―レアは累計30株くらい植えてきましたが、いつも3株くらいしか咲いてません。

同じ宿根草ガーデンでも、少しお家よりのエリアは石は多いのですが黒土でふかふかしてます。
そこでは何でも大型になります。

オリエンタルポピー、蕾がついてきました。開花までもう少しです。
5月のガーデン_f0400078_10591416.jpg
5月のガーデン_f0400078_11012703.jpg
今週くらいには咲くかしら?と楽しみにしています。





by solaogplanta20 | 2023-05-29 00:12 | お庭 | Comments(0)

ハーブのお仕事と日常の事などを書いています


by Solaogplanta2020