人気ブログランキング | 話題のタグを見る

球根植えました

今頃、球根植えてます。

「今から間に合いますか?」と、心配されるお客様多いですが、まだ大丈夫です。
ギリギリ、雪が積もってしまうまではイケます。
ただ。あんまり寒くなると、土も冷たくて硬かったりするので
作業がやりづらい事はあります。

むしろ、早すぎると間違って芽が出てきたりすることがありますので、
秋植え球根の植え時は11月以降でおススメしています。

今年我が家で植えた球根は
ユリ(スカシ、オリエンタルの八重咲き)、アネモネ(一重と、ミストラル)
チューリップ(八重咲)
11月中頃から下旬頃に植えました。

そして、12月6日、最後の植え込みをやりました。
スイセンの球根。

スイセンって、丈夫過ぎて、株も大きくなるし、
それほどたくさん植えなくても良いと思うのですが、
春の切り花には結構使えるんですよね。

球根植物たちも浅植えだと、寒さにあたって腐りやすいので、しっかり穴を掘って
球根3個分くらいの深さを目安に植えて、しっかり土を被せておいてください。

今年は雪が少なく、暖冬という予報が出ているようですね。
どうなんだろう?
雪が少ないと、地面は凍りやすいので、なおさら要注意です。

植えっぱなしの球根なんかも(特にユリ)地面が下がって、年々浅植えになりがちです。
浅植えになってしまうと、病気のリスクも高まり、
冬の寒さにもあたりやすくなるので、秋にしっかり土をかけ直しておくと安心です。

12月の函館は寒い日があったり、暖かい日があったりです。
雪も降っても、根雪にはならないだろうと高を括って、ギリギリまで庭仕事をしております。
球根植えました_f0400078_09451376.jpg
何回か雪が降ったので、お庭は大分枯れ果てました。

一年草のハーブとお花たちは枯れてしまったら、引っこ抜いて処分しても良いですし、
このまま雪の中でほったらかしにして、来年雪解けの後に片付けでも良いと思います。
私は後者派です。




by solaogplanta20 | 2023-12-11 00:03 | 栽培 | Comments(0)

ハーブのお仕事と日常の事などを書いています


by Solaogplanta2020
カレンダー