人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ソラプラ作業日誌(6月10日の週)

6月11日(火)くもり
晴れの期間はあっという間でした。また曇り空です。
梅雨じゃないかしら?と心配になるほどジメジメして湿度が高いです。
こういう時は うどん粉病が発生しやすいのですよね。
販売コーナーの苗たちに予防のために有機のしずくスプレーをかけました。
農薬系ではないもので、うどん粉病にはコレが一番効くような気がします。

先週末からずっと植え替え作業をしています。
ボウボウに伸びた茎や枝の剪定をしたり。
お店が少し落ち着いたから出来る作業です。

早くも、オリエンタルポピーの花びらがバラバラ散っております。
短い!先週末、咲いた!と大喜びでしたが、今日の夕方は花びらを拾っております。
ですが、2番目の蕾たちがスタンバイ。そんな感じであと1週間かな?
宿根草なんて、そんなものです(笑)
この一瞬の輝きを愉しむために一生懸命植えたり、草をむしったり、
肥料をやったり、剪定をしたりしているのです。

夕食後に庭仕事。
色々草花たちが茂ってきて、植える場所が少なくなってきました。
昨年は植え放題だったのに、少し残念です。
植えたいお花のポットを持って、庭を眺めます。
ゆっくりと、遠目で見ていると、あそこだ!という場所が目に入ります。
そこに苗を植えこみます。私が決めるのではなく、お花が決めている感じで。
机の上での計画はダメだと思います。

だから、今は毎日、テマリシモツケを植えるなら?アナベルを増やすところは?
スモークツリーを植えるとしたら?アメリカフジは?と
問いかけながら庭を歩いています。呼びかけの声が聞こえてくるまで。

6月12日(水)曇りのち晴れ
気温が上昇!夏のような気温で、朝から水やり。
終わった後は汗がボタボタ落ちるほどでした。汚い話でスミマセン。
あれ?いつでしたっけ?寒くてストーブ焚いていますと言っていたのは?
本当に毎日あっという間に過ぎていきます。

本日、市場からの入荷の日。欲しかったものが色々見つかりました。
スモークツリー!西洋ニンジンボク!ムクゲ!

夕食後、早速親子でムクゲの苗木を植えました。
我が家には玄関の脇に白いムクゲがすでに植えてあるので、
ムラサキを植えることにしました。
工事の際に祖父母の時代からあった木を相当切ってしまって、
広々して日当たりが良くなったことは良かったことなのですが、
木がないと、のっぺりして、見晴らしも良すぎて何だか恥ずかしいです。
それに、その分植物もいっぱい植えこまなければならないですし。

我が家に植えてある花木は 全てお店で売れ残った木を植えたものです。
花木は探している方も多いのですが、実は本当に売れないです。
嘘だと思ったら、ぜひお花屋さんを始めて、花木を仕入れてみて欲しいです。

花木はこれからお庭を始めます。という方が購入されるものなので、
通常は本当に売れないです。
それに、ちょこちょこ少ない種類があったところで、
何万種類とある木やその品種など、うちにあるはずもありませんし、
もし、奇跡的にあったとしても、もう少し、大きいのが欲しかったり、
小さい方がよかったり、樹形が気に入らなかったり、
花の色にこだわりがあったり。。。で、とてもお客様たちのご希望に応えられません。

どんなに頑張って色々品揃えしても、結局はほとんど売れ残ります。

それでもお庭を作ろうと思うと、花木って、本当に魅力的。

今まで、父に「売れないから買うな」と言われながらも花木を買ってきました。

ターシャさんのお庭に憧れ、どうしてもクラブアップルの木が欲しかった15年前、
たまたま行った園芸の見本市でクラブアップルの苗木を扱っている生産者さんを見つけ
東京や名古屋の市場にしか出さないと言われても、そこを何とかお願いします。
送料は何千円かかっても良いです。と頼み込んで、苗木を送ってもらいました。
1本、2本では頼めないので、この時はお客様たちに呼びかけて、
「じゃあ私1本買うわ」「友達にも声かけてみるわ」「お隣の奥さんが2本買うそうよ」と
注文を取りまとめて、注文しました。
その時のクラブアップルが今、大きくなって、我が家のシンボルツリーになっております。

デビットオースチンのバラを買いたくて、
大阪のデビットオースチン社がやっているバラ園まで行ったこともあります。
最寄りの小さな無人駅で降りて、お電話したらわざわざ担当の方が迎えに来て下さって
案内してもらいながら、病気に強い品種を教えてもらったり。
この当時はうちみたいな小さな種苗店にもバラ苗を直接納めて下さってまして、
毎年、素晴らしい鉢植えのイングリッシュローズを送ってもらっていましたが、
今は大手の生産者さん、卸の問屋さんなどを通さないと買えなくなってしまいました。

ジューンベリーなどのベリー系の花木はお問い合わせが多いのですが、
なぜか、仕入れると、全く売れません。
10鉢仕入れて9鉢売れ残るというような具合で、
だから我が家にジューンベリーの木がたくさん植えてあるわけでございます。

ティーツリーの木を送ってもらうのに、大きすぎて宅配では送れないからと、
四国からトラックでたくさんの市場を経由して届いたら、
送料が3万5千円もかかっていたこともありました。
届くまで、金額分からなかったです。苗木代より高かった。
もう、いくらで売ったらよいのか分からず、お客様に「高い」と言われるのが怖いので、
仕方が無いので自分で育てました。
それが、今鉢植えになって、冬は室内へ春からは外へ出しているティーツリーです。

これ以外にも、様々な花木を仕入れて、全く売れないを繰り返して、
もう何十万、いや、何びゃ。。。いや、大丈夫です。計算はしておりませんが、
いくら損を出したかしれませんが、父には全部内緒です。

近頃は流石に懲りて、花木は仕入れないを守っておりましたが、
昨年から、花木ばかり仕入れております。 皆様、なぜだか分かりますか?
私がお庭作りを本格的に始めたからです。
今だけ、花木祭りです。


6月13日(木)くもり時々晴れ
16時半現在、25℃ もう暑くて死にそうです。
全身汗まみれ。気が付いたら、昨日あたりから暑いです。
こういう気温の時はどんな服装だったかしら?と、慣れない気温に戸惑いです。

植え込み、6月いっぱいまでは大丈夫だろうと高をくくっていましたが、
ヤバいのでは?もう夏になってしまうのでは?
夏になったら苗をもう植えられないし、ポットのままでは水やり地獄に陥るので
その前に地植えして、根だけは張っておいていただかなくては
とんでもないことになってしまうのでは?  焦ります。
いや、でもその前に梅雨がありましたね。
まだ梅雨も来ていないので、それまでに何とか植え込みだけは済ませたいです。

昨年、庭にあるフレーズデボアの実を取って、乾燥させたものからタネを採り、
今年の3月に種まきしました。
全然発芽しないので、ダメかな?と思っていたら、5月にやっと発芽しました。
本日ポットに植え替え。こんな感じで株を絶やさないように繋いでいます。


6月14日(金)曇りのち晴れ
静かな1日でした。
午後、あまりにも暇だったので、近所のコンビニへおやつを買いに行きました。
500円もあれば余裕だろうと小銭だけ持って、カフェオレだ、父のおやつだを買ったら
680円でびっくり。スミマセン、これとこれ止めます。と商品を戻してお買い物。
今や、500円じゃ、ちょっとしか買えない世の中です。

入荷したスモークツリーを地植えしました。
正確にはどこに植えようかな?とウロウロした結果、
ここだ!と思う場所を見つけ、昨日、ひとまずそこに鉢を置いて、
良いかどうかじっくり考えようと思っていたら、もう植わってしまっておりました。
今朝、鉢植えの存在に気付いた父が早速植えたのだそうです。
着々と、今年は花木を植えこんでおります。

6月15日(土)くもり
本日は午前中、生徒さん対象のガーデンレッスンがありました。
今まで1時間半でやっていましたが、毎回時間が足りなかったので、
今回から2時間にしてみたのですが、全然足りなかったです。
今咲いているお花の名前や特徴をざっと説明しながらぐるっと1周回る予定が
宿根草のお庭のフチだけ5mくらいしか進めませんでした。
まあ、それだけ、熱心にお花の質問をされたということなのですが(笑)
来月はハーブガーデンの見学と、実習をやりたいと思います。

お花の苗を販売していて、1年草はお花が咲いた状態で販売するので
お客様も、好きなお花を選びやすく、その後も想像しやすいのですが
宿根草は ただの葉っぱが生えているだけの小さな苗なので、
この苗がいったいどのくらい大きくなって、どんなお花が咲くのか本当に想像しずらいです。
ラベルはついていますので、お花の色や大きさなども確認できるのですが、
宿根草自体に慣れていないと、それさえも難しいと思います。

選ばれたお花について、聞かれたら、ピンクのお花ですとか、背はこのくらいになります。
などはお答えできるのですが、宿根草のコーナーには何十種類も苗がありますので、
それを一つ一つ全部端から説明するのは正直厳しいです。

植物は季節や成長の過程で姿が変わります。
お花の咲いている期間はとても短いので、お花の咲いている状態の苗を購入するのは
とても難しいですし、たまたま旬の時期でお花が咲いていたとしても
それはお庭で咲いている時のお花や姿とは少し違います。

宿根草は冬を越して、やっと本来の姿になるので、宿根草の苗は来年のために植えます。
だから、どんな風に育つのかな?お花はどんな感じかな?と、
来年のお庭を想像して植えこみ、翌年にこんな感じなのかと実感するかんじです。

今、お庭作りをしているのは宿根草の苗の未来の姿を見てもらえるようにと思ったからです。

ただ、オープンガーデンはまだやっておりません。

以前、お庭は見たい方には見せていた時期がありました。
咲いているお花をむしり取って来られて、この花なんていう名前?と聞かれたり、
欲しいから掘り返して売ってくれとか、切り花をもらえないかとか、
タネが付いているお花のタネを採らせてくれとか、
なっている実を採らないなら、採っても良いかと言われたり、
昔はそんな風にお庭のお花を掘って販売する時代だったのかもしれませんが。

当時、母は何でも良いですよ!というタイプだったので、
私が植えて、せっかくよくなったお花をお客様の言われるまま掘って、
売ってしまうことが何度もあり、泣きながら、もうやめて!と何度も訴え続け、
最終的にお庭をお客様に見せることを止めてもらったのです。


今はお庭見学のマナーなども浸透していますし、
お店のお客様たちを見ていても、本当に皆様我々の事をリスペクトして接して下さいますし
植物や商品を丁寧に扱って下さる様子を見るたびに、今なら大丈夫だよね。と思います。

もう少しお庭が出来たら、何か良い方法で、オープンガーデンを行ってみたいなと思っています。

それまではInstagramとブログでお庭の様子やお花の姿を紹介していけたらと思います。
毎日、お庭の様子やお花たちの写真や動画を撮っているのですが、
中々個人のInstagramの投稿が出来ない事が悩みのタネです。
この毎日の日記を長々書く時間をもう少しそちらに回したらどうかと思います。
またまた長文!
読んでいる方々にも迷惑すぎる長文、申し訳ありません。

ソラプラ作業日誌(6月10日の週)_f0400078_21481016.jpeg
シャクヤクやボタンの季節になりました



















by solaogplanta20 | 2024-06-17 00:33 | 作業日誌 | Comments(0)

ハーブのお仕事と日常の事などを書いています


by Solaogplanta2020
カレンダー